読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is a pen ~デンマーク人と日本人の国際結婚ブログ~

日本人(男)とデンマーク人(女)夫婦の日本とデンマークでの生活。

結婚指輪はっどっちの指につけますか?

よく聞かれること 日本とデンマークの違い 国際結婚

こんばんは。

 

サブローです。

 

私が国際結婚についてよく聞かれることのひとつが結婚指輪についてです。

別に何か特別な指輪を付けているわけではないです 笑

 

何をよく聞かれるかというと、指輪をする手がどっちの手かということです。

私は言われるまで全く気付かなかったのですが、私の周りの既婚者の方のほとんどが左手にしていました。

私たち夫婦は右手にしています。

 

ある日指輪をして間もないころ、なぜ左にしないのかと聞かれるまで私は違和感に全く気付きませんでした 笑

その日はとりあえずその質問をそのまま家に持って帰り、妻に聞いてみました。

大雑把な分け方だと、ヨーロッパは右手に結婚指輪をするのがプロテスタントで左手がカトリックという傾向があるそうです。

実際デンマークプロテスタントの国です。

あと、血液は右手から循環するという考えがあったそうでそれが由来となっているのではないかとのことです。

他にも色々説があるようですが、妻もこれまで特に意識したことはなかったそうです。

 

と、まあ由来については周りの人からの質問ではじめて知るきっかけができるほど、何となく右手にしてしまっていたわけですが、今も何となく右手にしているというわけではありません。

実はこの指輪をどっちの手にするかという小さなことをきっかけに、お互いのこれまでの「当たり前」の小さな違いにも気付けるようになりました。

そして、こういうところがお互い違う文化が背景にあるが故に感じる面白いところでもあり、気を付けるべきところなんだと学ぶことができました。

なので、夫婦のちょっとした決め事もデンマークと日本で違う場合は「これどっちにしようか?」なんて話したりもします。

 どの夫婦にもそれぞれ育ってきた家や環境で独自のやり方や決め事があると思います。

それが私たちの場合は、お互いの国(しかもアジアとヨーロッパと非常に文化も習慣も全然違う国同士)のやり方でどっちが良いか二人で考えるのが非常に面白いところであり、国際結婚なんだなと実感するところでもあります。

 

それでも実はやっぱり国際結婚なんだなーと一番強く感じたのは、役所での超ドタバタの婚姻手続だったかな...、なんて思うこともあります 汗

この時の話はまたの機会に書きたいと思います。

 

それでは次回もよろしくお願いいたします。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚 ブログランキングへ