読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is a pen ~デンマーク人と日本人の国際結婚ブログ~

日本人(男)とデンマーク人(女)夫婦の日本とデンマークでの生活。

日本人には言いにくい事:外国人編その1

こんばんは。

 

マリアです。 

 

最近テレビやネットを見ていて日本が外国人にどう思われているかというのをすごく気にしているような気がします。

「おもてなし」なんて言葉がはやるのも、そんな状況を表しているのかもしれません。

私も夫も日本に関するニュースを英語と日本語で見ます。

時には人気の個人のブログから有名な新聞まで色々なものを読みます。

 

その中で「外国人が感じた日本の不満」に関する記事を割と最近見かけるようになったと思います。

観光客を増やすために外国人からの評判を気にするのもわかりますが、中にはちょっとひどい批判も含まれていることを気を付けてほしいです。

 

様々な新聞やブログを見てきた中で割と多かった酷い例の一部を書いてみます。

 

1.日本人は英語が下手

これは本当によく聞きますよね 笑

ただこれは書く人の立場や状況でかなり意味合いが異なります。

2つ例を紹介します。

まず紹介する例は、もっともだと思います。

 

・観光客のために公共施設などにもっと外国語の案内が欲しい

これは、観光客を増やすためには効果的だと思います。

ただ、レストランなど個人や会社が運営しているところは外国語案内を導入するかはそれぞれの判断になるので、中にはそういった事ができるスタッフがいなかったりなどいろいろ事情があると思いますので、案内がないことを批判するのは少し厳しすぎると思います。

ただ、わかりやすい外国語案内があった方がお客さんが増える場合もあると思うので、外国人観光客に来てほしければやってみるべきではないかと思います。

ただ、普段英語を全然使ったことがない人が無理して自分で英語版を作ると、Google翻訳のような変なものになって失敗してしまうこともあるので注意が必要です 苦笑

 

次の例が非常に問題です。

 

・日本在住5年以上だが日本人に英語が通じない、何故なのか? 怒

ある記事では日本在住5年以上とプロフィールに書いてあるものの、日本語が全然話せず英語しか話せない人が日本は英語が通じない排他的な国と批判しているんですよね 苦笑

特に英語が母国語の人がこれを言うととても変です。

私が自宅近くのコンビニの店員さんがデンマーク語を話せないと不満を言うのと同じことですよね。

逆に日本人に「そんなに長い事日本にいるなら少しくらい日本語も学んでよ」と言われたらなんて返すんだろうと思ってしまいます 汗

もっともほとんどの日本人はこんなこと言わないと思いますが 笑

それにちゃんと日本に住んで日本のことを学べば、なぜ日本人は英語ができないかがわかってくるはずです。

 

2.店員の態度が悪い、人種差別だ!

たまたま訪れたお店の店員さんの態度が感じ悪かったから「外国人差別!」と記事にする人が時々います。

ちなみにあるブログの記事で書かれていたそのお店は私たち夫婦も何度か行ったことがありますが、国籍問わず店員さんの態度が感じ悪いということで有名です 苦笑

接客には問題ありでしょうが、これを差別とは言いませんよね 汗

こういう話をすると子供の時にはやったあるバッジを思い出します。

このバッジにはこう書かれていました。

「I'm not racist. I hate everyone.」

これは私が人を嫌うことに人種や国籍は関係ありません、誰かを嫌うのは自由ですというようなジョークの一種です。

どちらかというと私は日本人は外国人に特別扱いしすぎていると思うケースを結構見てきました。

店員さんが日本人には非常に悪い態度で対応していたのに、私が外国人と分かると突然丁寧になるなんてことも時々あります。

よく「人種や国籍差別」と言いたがる人はこういうケースは何て説明するんでしょうか?

日本人差別ですか? 苦笑

こういう小さなことで差別と騒ぐようでは接客する側は非常に困ってしまいます。

ちょっと悪く見える対応をしてしまったことで、「差別」と言われてしまうとどうしていいかわからないですよね。

それに本当に厳しい差別を受けている人や戦っている人にも失礼だと思います。

 

今回は、私が気になった外国人の日本に関する批判を紹介してみました。

日本人は割とみんな丁寧でまじめなところがあるので、今日紹介したような批判にも敏感になって変な方向に行ってほしくないなと思います。

もちろん、批判はしっかりと分析して悪いところは直すべきだと思います。

 ただ、そういった分析をするうえで理解しておくべき大事なポイントが「それは本当に差別なのか」ということと「英語が必要な場合はどんな時か」という2点です。

 

特にこの記事は日本に住む外国人として書くからこそ、さらに意味があるものだと思います。

夫にこういった話をすると、確かに納得いくところもあるんだけど自分の立場では言いづらいよと言っていました。

それでも、私がこの記事を書いた理由は一部の外国人のこういった批判に対して日本に住んでいる外国人みんながそう思っているわけではないと伝えたかったからです。

だからこそこういった批判は気にせずもっと違う問題に目を向けて日本をよくしていきましょう (^0^)」

 

それでは次回もよろしくお願いいたします。

 

おやすみなさい。

 

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ
にほんブログ村


国際恋愛・結婚 ブログランキングへ