読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This is a pen ~デンマーク人と日本人の国際結婚ブログ~

日本人(男)とデンマーク人(女)夫婦の日本とデンマークでの生活。

デンマーク人が「日本に慣れすぎたな」と思う瞬間7つ

こんばんは。

 

マリアです。

 

明日は金曜日ですね。

金曜日と言えば「明日から休日!」という感じなんですが、Twitterには金曜日に面白い投稿があるんです。

#gaijinconfessionfridayというタグでツイートされる日本に住んでいる外国人の日本に関するジョークです。

 

私も時々自分のアカウントやこのブログのアカウントでツイートしているんですが、みんな面白いネタが多いですね。

中には私も同じようなことを感じたり体験したりなどもあって共感したり笑ったりで楽しいものがたくさんあります。

まあ中にはただ自分のワガママで日本に合わせられない不満だけだろっていうような、ちょっとすべってるくだらないのもありますが 苦笑

というわけで、今回は#gaijinconfessionfridayの影響を受けて今日の記事を考えてみました。

デンマーク人が日本で困った体験ではなく、デンマーク人の私がデンマークにいて「日本に慣れすぎたな」と思うことをまとめました。

 

1.飲み物や食べ物もとりあえず行った先で買えばいいやと思ってしまう。

日本なら手ぶらで出かけてもそこら中にコンビニがあります。

おなかがすいても雨が降ってきても、とりあえず大体のことはコンビニで解決しちゃう気がします 笑

コンビニはデンマークでは飲み物とちょっとしたお菓子が買える程度のものです。

美味しいおでんやお弁当も生活に便利な品物も殆どありません。

あってもとっても高いです..。

食べ物も日本のコンビニに比べてとても高くてマズいです...。

コンビニなのに全然気軽に入って買い物しようと思いません 笑

道ばたの自動販売機はデンマークというかヨーロッパには殆どありません。

というか、危なくてなかなか置けないのです…。

よく考えてみると、日本のコンビニや自動販売機やファストフード店など便利な生活に慣れすぎているんだなと感じました。

そして、日本の料理が恋しくなります。 

 

2.エスカレーターでとりあえず左側に詰めて並んでしまう。

 デンマークでは本来右側に立つんですが。

そういえば、大阪にいたときは逆だったので東京に戻った時にも苦労しました 笑

 

3.久しぶりの人に思わず会釈してしまう。

私たち夫婦は自宅兼事務所でビジネスをしているので、家の周りを歩くことが多くよく知り合いと街中で会います。

その時はいつも「こんにちは」と言って会釈しているので、デンマークでもこの癖が抜けません 苦笑

 

4.電車、バスなど交通機関の不便さにイラついてしまう。

デンマークではSuicaPasmoもありません。

日本ではPasmoにチャージをしておけば東京やその周辺ではほぼどこでも使えます。

一応デンマークSuicaみたいなものもあるのですが、色々と料金体系も複雑で日本に比べると不便です。

日本は外国人観光客でもすぐに窓口で500円でSuicaを買って、好きな金額をチャージしてすぐに便利に移動できますからね。

というか、デンマークの駅には改札がないのです。

ホームで自分で支払いをするので、日本に慣れていると忘れそうになります 汗

そこで支払いを忘れると後で高い追加料金を取られます...。

 

5.適当な接客にイラついてしまう。

日本は本当にコンビニでもどこでも接客がみんなしっかりしていて気持ちが良いですよね。

相手が丁寧にしてくれるからこそこっちも丁寧にしようと思うものです。

でもデンマークでは接客なんて適当です。

時には忙しいからとちょっと怒った感じで対応されることもよくあります。

デンマークに住んでいた時はこれが普通でしたから、特に違和感もなかったんだと思います。

でも久しぶりにデンマークに帰ると、「お客さんを良い気分にする必要まではないけど、そっちの気分でお客さんを不快にさせるのはおかしいだろ!」ってイラついてしまいます 汗 

 

 6.とっさの一言で日本語が出てしまう。

道で人とぶつかってしまった時や、知らない人に話しかけるときについ「あのー」、「すいません」という言葉が先に出てしまいます 汗

他には会話の途中に「うん、うん」と相槌を打ってしまうんです。

これは、母に言われて気づきました。

日本に来て1年目のころスカイプで母と話している時に、「うん、うん」と相槌を打っていたようです。

途中で「さっきから気になるんだけどその返事は何?」と聞かれてしまいました 笑

まだ日本語がそこまでできたわけではないですが、相槌はもう癖になっていました 苦笑

 

7.デンマークの流行についていけない。

 政治、食べ物などデンマークに帰る度にあまりにも変化が早くて驚いてしまいます。

日本で言う浦島太郎みたいに自分を考えてしまうことさえあります 笑

私もここ5年間ではデンマークにいる時間より日本にいる時間のほうが圧倒的に長いんですよね。

たった5年なのに、流行は移り変わりが早いですね 汗

食生活の流行のスタイルもどんどん変わっていきます。

帰る度に今これが流行ってるの?と驚きます。

そして、一番困るのが政治の変化です。

私のように外国に住んでいるデンマーク人は選挙に投票できないのです。

その間に配偶者のビザの決まりなど、重要なことがどんどんと変わってしまっています。

この状態がこのまま続いたら、夫とデンマークに住めなくなる日も来るのではと心配になります。

 

 今回は思いついたもの7つをまとめてみましたが、実は気が付かないだけでもっとあるのかもしれません 汗

 

 まあ、デンマークに行くたびに夫とは種類は違いますが私もたくさん驚いたり戸惑ったりすることがあるのです 笑

きっと同じように日本に長く住んでいる外国人の人もこんな経験たくさんあるんではないでしょうか?

まあ、日本にいる外国人の中でもひたすら「ガイジン」として日本にいながらずっと別の世界にいるかのような生き方をしている人もいるので、そういう人にはあまり当てはまらないかもしれませんが...。 

とにかく、次にデンマークに帰るときはもっとそういうところがないか注意したいと思います 笑

 

それでは次回もよろしくお願いします。

おやすみなさい。

 

 

にほんブログ村


国際恋愛・結婚 ブログランキングへ